FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

第十一章学生小島由起子~誘拐・輪姦2

誘拐 輪姦
「いやよ、近寄んないで」
男が足元に来た。
必死に足で近付けまいとした ところが、その足を掴まれてしまう。
跳ね上がった脚を更に持ち上げられた。
「イヤだったらイヤー イヤー ダメー ダメだったらぁ」
絶叫をあげて身をよじったが、必死の抗いも、男二人相手では虚しい。
腰の辺りまで大きくまくられ、パンティが丸出しになった。
白地にイチゴの柄が、愛らしい。
春貴の眼には、これから汚そうとしている純潔の象徴に映った。
必死で両腿を閉じ合わせようとするので、両脚とも膝小僧辺りから奇妙に曲がった。
「見ないで…ヤダッ触んないでェ!」
パンティの前の優しい膨らみをなぞられて、泣き悶え膝をスリ合わせている。
胸郭の中で心臓が、パニックに襲われた。
その間に和夫が、シャツを捲りブラまで露出させる。
「可愛いブラしてんだな」
飾り気のないシンプルなスポーツブラだ。
「いやあやめてお願い」 叫びながら女は、狼達の手から逃れようと力一杯身悶えた。 彼女は、小鳥さながらに、暴れ狂っていた。
「もっとシャツを捲り上げてくれ」
春貴が、言った。 和夫は、由起子の手を押さえながら、四苦八苦していた。
それでも何とかシャツを首元まで捲った。
「ヒッいやあ~」
春貴は、ブラの上から胸を撫でまくりだす。
ブラは、成長過程の乳房から、ズレ上がった。
彼女の肩に顎を載せて見つめる和夫は、息を呑んだ。
生乳が、あばかれる。
それはそれは、ういういしい乳だった。
こんもりと膨らんだ乳房は、ちょっと強く掴めば壊れてしまいそうだった。
その青い果実は、もぎたての白桃の香りが匂うようで、乳輪が淡い色。
桜色したかわいい乳首が、真ん中にある。
春貴は、全身を舐めるように、見下ろした。
乳房と、白い清楚なパンティに覆われた股間のふくらみ…。
そして、青い静脈がうっすらと浮かぶ、象牙のような太腿。
どれをとってもどこを眺めても、春貴には限りない悦びの泉であり、官能の起爆剤であった。
由起子は、心臓の動機を高め、胸が波打つように呼吸をしている。
春貴は、小腰を屈めると
「そう怯えるな。優しくしてやるさ」
そんな事を言っていながら、彼女の髪の毛を掴んで、唇を奪った。
しかし、舌を彼女の歯の間にさし入れようとして、果たせない。
歯茎を舐めて我慢した。
若鮎のようにピチピチした上半身をくねくねと悶えさせる。
やっとこんなことは、本当に好きな相手にだけ、するものだと固く信じていた。
(何これ酷すぎる)
強引なファーストキスに泣きむせぶ女の唇を蹂躙しながら、彼女の胸に手を当てた。
そして、右手をやんわりと、固さを試すように動かす。
すべすべしていて、吸い付いてくるような赤ん坊のように柔らかで、新鮮な皮膚感。 しかし芯は、テニスの軟式ボールのみたいに硬くて弾力がある。
チンマリした乳首を絞りだして、指の腹で弄る。
乳首とあまり、目立たない乳輪に顔を寄せた。
可憐そのものな淡い乳輪で囲まれた、乳首に口をつけついばむ。
「ヤだっきしょいッ」
とチュパチュパと音をたてて吸いだす。
舌が、小さな豆粒ほどの乳首を軽く掃いた。
二掃き、三掃きするうち、舌先でコリコリした感触を感じるようになった。
口を離して見つめた唾液で濡れ、コリコリしこって硬くとがっている。
充血して膨らんでいる。
それでも瑞々しい若さと、清潔さを感じさせる、乳首の色と大きさであった。
「乳首立ってきたぞ」
和夫もそれを聞いてゲラゲラと下卑た笑い声をたてている。
一度も乳首を舐められたことがなかった。
もてあそばれようが、性感帯にとっては確かな刺激だ。
由起子は、自分でも驚いていた。
それこそ今までに、そこにそんな性感が、集中しているのも知らなかった。
いや観念的には知ってはいたが、その性感がどんなものなのか…。
まったく知らなかったのだ。
女の体を唇で、吸ったり舐めたりしだした。
「ポッチリ…チュポッ…固く…なってやがるぞ」
春貴が、卑猥な吸い付き音をたてながら、和夫に言った。
乳房の頂点を固く尖らせている。
女体は、十分使用可能なまで育成されている。
春貴は、勝手な理屈で、欲情していた。
くりくり指で刺激しながら、反対側の乳首も口にして勃起させる。
そんな行為に気息を荒げていく。
どちらも乳首を固くさせると、春貴の手が、彼女の尻と床の間に潜り込んだ。
春貴の手が、パンティにかかる。
由起子は、夢中で両膝をげたつかせ、抵抗した。
パンティに掛かった指は、外れない。
春貴は、手荒く彼女のパンティを、膝の所まで引き下ろした。
「フウっ」
一息つくと、膝で止まったパンティを持ちかえ、後ろから強引に引き剥がす 彩るべき恥毛は、そそとした疎林である。
小さな陰のようにしか見えない。
陰の中心をまさぐり、その肉の割れた所を親指と人差し指で広げる。
股間部に外気が沁みて、由起子は激しく腹筋を息ませた。
「もういやだあァあ」
太腿を抱えて、顔を寄せた。 恥裂は、全体的に小振りだ。
鼻を付けた。
途端に、ツンと鼻先を覆う、酸っぱい処女の恥臭。
柑橘類の香り、その刺激性をより高めたと表現するべきか。
ともかく鼻を突く、強い匂いだった。
「変なことしないで……」
「変なことがしたいんだよ、俺達はな」
舌先を使って、秘苑を探った。
しょっぱかった。
それも、岩塩のような複雑な苦味を伴う味わいだ。
可憐な秘裂のあわいに、ひそみ隠れた陰核も掘り起こされる。
そのしこりが、周りの襞肉に比較して、発達している。
春貴は、敏感な肉の尖りを、チロチロと砥めつけた。
歯を媚肉にこすりつけ、舌先で転がすようにして、突起をもてあそんでいく。 由起子は、生まれて初めてのクンニに、背筋にゾッと鳥肌を走らせた。
「おしゃぶりか、おマンコやらせて下さいよ」
やがて頭の方にいた和夫が、春貴にとも女にともとれる言い方で言った。
和夫の逸物は、ズボン越しに、彼女の背中と擦れ合っている。
もうそれだけで、射精しそうになっていた。
それでも和夫の要求は、春貴のお楽しみに水を差す行為だ。
春貴からすれば、許されない不遜だ。
しかし、春貴は、あえて和夫の逸脱を止めない。
腹に一物ある春貴は、由起子に
「チンポ突っ込まれるのが、口とオマンコどっちがいいって訊いてんだ…ちゃんと答えな」
由起子も何を要求されているか、おぼろげにわかった。
どちらも絶対に嫌だった。
「いやっもう離して」
春貴が
「両方にするかコッチは、早く決めないと、どっちにもチンポぶっこんじまうぞ」 言いつつ、彼女の右腕をガッシリ掴む。
「…」
彼女は、目を瞑りイヤイヤした。
処女に決められる訳はない。
和夫が、ズボンとパンツを脱ぎ下ろした。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 官能小説(レイプ・凌辱系・SM)
ジャンル : アダルト

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

恩菜 みるな

Author:恩菜 みるな
凌辱強姦小説「女犯」とは、聖職者が、姦淫する事ですが、この小説では女を犯す、凌辱系であり、強姦、つまりはレイプですね。凌辱強姦追求してます。 浣腸は、いくらでも使います。 バーナーで火炙りしたり、水を何リットルも飲ませたり、鉄パイプで子宮まで貫いたりと、思いつくまま書きました。 書きなぐってます。 人妻、OL、巫女さん、高○生、○学生、と様々職種を取り揃えてます。 特殊な超能力を持つ者達の凌辱系オンリーでエログロバイオレンスを目指してます。 女犯能力として、出てきたのは、ダウジング能力、心霊捜査、精気吸収、念写、霊媒…。 今考えると少ないですね。 まだまだアイデアが、ありますが、どこまで書けるかが、心配です。 昨今は、女性に優しい紳士的な男性が、増えてるそうですね。様々な美人、美少女、を残虐に責め苛むシーンを読んで、肉食系(凌辱系)男子が、増えてくれると良いな(*´∀`*)少子化の歯止めになって欲しい (*´∀`*)(*´∀`*)(*´∀`*) 過去には、日本にも、とんでもない性的な凶悪犯や、暴行魔、殺人者が、いたんですよね。 (*´∀`*)(*´∀`*)(*´∀`*) でも、このお話で出てくる出来事を今、現実に持ち込んでしまうと、流石にまずいですね。 女の人死んじゃいますから…美女が、減ると世の中潤い無くなります。 崇高な生殖行為して、ちゃんと孕んでもらって、面倒見てもらって、こき使われて下さい。 現実の世界は、女性が、中心に回ってます。 (゚´Д`゚)(*´∀`*)(*´∀`*) フィクションだから表現出来る「女犯」をお楽しみ下さい。 性的な快感を高める手段としていただけると嬉しい限りです。ヾ(^v^)k 古代の野生種としてのリビドー復活を祈ってます(*´∀`*) 要するにこの官能小説は、「凌辱系」の「凌辱系」による「凌辱系」の為の殴り書きです。“世界に認められた凌辱”では、戦場での凌辱系を“世界に認められた凌辱始原”では凌辱系母子相姦をメインに書いてますので、どうぞご覧ください

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。